社会福祉法人恩賜財団愛知県同胞援護会
あなたの笑顔はみんなの力
2021.01.28

事業方針
1.職員の知識・技能を高め、質の高いサービスを提供する。
職員の資質の向上のため、さまざまな研修を取り入れています。新たに入職した職員には、新人職員研修を実施し、基礎知識を学んでいただきます。また、研修動画サービス(eラーニング)を取り入れ、職員が好きな時間に繰り返し勉強ができる環境を整えています。次のステップとして、介護職員実務者研修や、国家資格である介護福祉士の受験対策講座を法人内で実施し、職員がスキルアップできるようフォローしています。また、リーダーや主任になる職員には初任管理者研修を実施しています。

2.設備・機器を充実させ、快適なサービスを提供する。
利用者の状態をパソコンやタブレット端末でリアルタイムに確認ができる見守り支援ロボット「眠りスキャン」は、利用者の状態変化に素早く気付くことができるようになり、きめ細やかなサービス提供や夜間帯における職員の負担軽減につなげることができました。また、タブレット端末で入力できる電子カルテ、無線LANを整備することにより、無駄を省いたスマートな記録処理ができるように環境を整えています。また、保育の現場では、登園管理や保育記録、午睡チェックセンサー等、保育ICTシステムを導入しています。合理化により空いた時間を、利用者さまや園児とのコミュニケーションの時間に充てることができれば、より一層充実したケアができるものと考えています。

3.地域住民との交流・連携を図り、公益的な取組みを進める。
福祉事業を運営するにあたって、地域からの信頼はとても大切です。そのためには地域の方々に認めてもらえるよう、じっくり、コツコツと地道に努力し続けなければなりません。施設近隣の駅前に介護の相談窓口の設置や、高齢者の孤立、閉じこもりの解消目的、人と人を繋ぐ場として、「ふれあいサロン」を開設しました。また、社会福祉士実習生の受け入れや学生のインターンシップなどの受け入れについても取り組んでいます。

4.職員体制、人事・福利厚生制度を充実させ、働きやすい職場づくりを進める。
現在は、現場で夜勤をする職員の身体的・精神的負担を軽減するために基準配置より、1人多く配置できるように整備をすすめています。職員アンケートをもとに、「職員向け託児所」を設置するなど、職員の声を大切にしながら、福利厚生制度の充実を推進しています。また、人事評価制度の見直しを行い、評価の高い職員がより満足できるような処遇を整備しました。介護職員に対する処遇改善加算も最もレベルの高い処遇改善加算(1)の取得の他、特定処遇改善加算も取得しています。
2020年度からは、「自分で選べるキャリアパス制度」を施行。働くことで得られる満足感や充実感も重要と考え、職員一人ひとりが将来のキャリアを思い描き、当法人で永く働き続けていけるような制度を構築しました。

法人情報
法人名 社会福祉法人恩賜財団愛知県同胞援護会
法人住所 〒487-0031 愛知県春日井市廻間町703-1
事業内容 愛知県春日井市、豊田市、大府市にて高齢者施設、障がい者施設、保育園を運営しています。 高齢者施設:特別養護老人ホーム、デイサービス、グループホーム、ケアハウス、訪問介護、福祉用具、居宅介護、包括支援センター 障がい者施設:入所施設、生活介護、就労継続支援 保育園:一時保育、休日保育
担当者/連絡先

採用担当:佐野、西原、加藤

TEL :0568-88-8302

MAIL :saiyou@douen.or.jp

Webサイト/SNS

公式Webサイト

採用サイト