社会福祉法人さくら会

利用者との楽しい日々が仕事のやる気に

宇山慎悟

2016年入社  介護職  東京福祉大学  社会福祉学部

Q入社のきっかけは

見学に来た時に職員の方々が笑顔で仕事をされていて、施設全体も明るい感じが印象的だったのを覚えています。このような現場で働けたら楽しく仕事が出来るのでは、と思い入社しようと思いました。

Q今取り組んでいる仕事は?

現場で使える介護機器の導入に力を入れています。介護機器導入検討会のメンバーを中心に職員と話し合いながら、「このような機器があれば」等と意見があれば、調べて上司に報告し検討していきます。デモ品などを使用し、全体でどのように使えるか評価し、使用できそうなものを購入して在宅復帰へ向けて手助けができるように努めています。

Q社会福祉法人さくら会のおすすめポイントは?

入社してから先輩職員が、最低でも1年以上は教育担当(チューター)として指導してくれます。新人一人ひとりに担当の先輩職員がいるので、仕事の悩みなどの相談がとてもしやすいです。また、職種や役割別に求められる能力が明確にされており、それに応じた研修も整備されています。介護職員としてのレベルアップを図りながら仕事をすることができるので、とても働きやすいです。

Qこの仕事をやっていて良かったとおもう瞬間

ご利用者様やご家族から「いつもありがとうございます」等と言われると、とても幸せな気持ちになります。特にご利用者様から「ありがとう。いつも悪いね」とお礼を言われると、この仕事をやっていて良かった、人の役に立てていると実感できます。私が今まで一番うれし受かったのは、退所時にご利用者様とご家族から「またここに来たい」「次回も利用させて下さい」と、涙ぐみながら言われたことです。最高の思い出で、頑張っていこうと思えました。