社会福祉法人くらしのハーモニー

夢なんかあるほうがすごい

平 匡宏

2020年入社  地域包括支援センター 社会福祉士  佛教大学  社会福祉学部 社会福祉学科

Q入社のきっかけは

私は、転職してハーモニーへ入職しました。他法人の説明会は福利厚生の話ばかりでしたが、ハーモニーの説明会では、地域でどんな役割を果たそうとしているのかを聞くことができたので、この法人を選びました。

Q今取り組んでいる仕事は?

今、僕は地域包括支援センターで社会福祉士として働いています。ハーモニーでの仕事は、ご利用者やご家族、地域の方などの「その人にとってどうなりたいか=夢」を一緒に考える仕事です。
とある方に言っていただいた言葉で、今でも印象に残っているのが「夢なんかあるほうがすごい」という言葉です。子どもや学生の時はどうなりたい?と聞かれることが多いですが、社会人や大人になって、少しずつ聞かれることや自分自身考える機会が減ったなと思います。ですが、この仕事はご利用者やご家族、地域の方と「夢」の実現に向けて一緒に考えていくことができます。
コミュニケーションやソーシャルワーク、介護技術や寄り添う姿勢など学びながら、ご利用者やご家族の支援、ハーモニーの強みでもある地域づくりに生かせる職場です。

Q社会福祉法人くらしのハーモニーのおすすめポイントは?

年2回のキャリアパス面談では、自分の掲げた目標に対してどうやってアプローチをしたらいいのか一緒に考えてくれます。