社会福祉法人聖隷福祉事業団(関西)

人との出会い、つながりを大切にしています

森川 亜矢子

2003年入社  社会福祉士  日本福祉大学  社会福祉学部 社会福祉学科

Q入社のきっかけは

【専門職として輝きたい!】
私は、静岡県出身で、身近な医療機関として聖隷の病院の存在がありました。高校生の頃、家族が病気になり、聖隷浜松病院へ入院し、患者の家族として聖隷職員と関わりました。その際、患者に対する丁寧な対応に感銘を受けました。聖隷で働くということに興味を持ち、大学在学中にインターン実習をしました。実習では、患者さんを第一に思う聖隷職員の姿、そして、専門職が専門職として生き生きと働いている姿を見ることができました。
聖隷には、たくさんの資格を持った職員がいます。それぞれが、その専門性を活かし、そしてTeamとして一人の利用者の支援をしています。私も、自分の専門性を活かして輝きたい!聖隷のTeamの一員として働きたい!と思い志望しました。

Q今取り組んでいる仕事は?

「困ったときには、地域包括支援センターへ」を合言葉に!

担当地域にお住まいの高齢者のよろず相談所としてさまざまな相談にのっています。高齢者の生活に関すること、介護に関すること、医療に関すること、権利擁護に関すること…日々、多岐にわたる多くのご相談に対応をしています。
また、認知症や、介護保険制度など社会資源の啓発で、地域住民に講座をしたり、小学校で、福祉教育の授業も実施しています。
個別のケースワークから、住民さんが安心して住み続けられる地域づくりまで、多職種と連携をしながら幅広い支援を行っています。

Q社会福祉法人聖隷福祉事業団(関西)のおすすめポイントは?

多くの方の人生に触れ、携わることができる…それが喜びです。

地域包括支援センターは、自宅で生活されてお困りごとができた際に、まず相談に来られる窓口です。中には、どこにも相談ができず、悩んで苦しんで相談に来られる方がいらっしゃいます。
私は、そのような方の相談ごとに対し、いま何が起きているのか?どうしていきたいか?など、関係性を築きながら相談を受けていきます。
初めてお会いした際には、不安そうな表情の方、笑顔が見られず硬い表情の方が、支援をしていく中で、笑顔が見られたり、安心した表情に変わられたり、自分自身の足で人生を歩んでいこうとする岐路に立ち合うことができるのは、相談員として喜びを感じる瞬間です。

Q「自分らしく」働ける場所を見つけて下さい

何を大切にして働きたいか、どうキャリアを築いていきたいかを、ご自身で考えてみてください。
就職活動をされる中で、たくさんの事業所との出会いがあるかと思います。就職先として選ぶ中で、「自分らしく」働ける場所なのか思いを馳せて頂きたいです。
就職活動では、悩んだり、うまくいかないこともあるかもしれませんが、自信を失わず、道を切り開いていってくださいね!
みなさんが持つ魅力に、気付いてくれる事業所にきっと出会えると思います。応援しています!