社会福祉法人恩賜財団愛知県同胞援護会

職員同士が協力し合える、温かい職場です。

A.O

2012年入社  生活支援員  東京福祉大学  社会福祉学部社会福祉学科福祉心理専攻

Q入社のきっかけは

母親が障がい者支援の仕事をしている為、小さい頃から障がい者の方と触れ合う機会が多く、自然と障がい者支援の仕事に興味を持つようになりました。 触れ合いの中で、「自分自身も障がい者の方と一緒に頑張れるお仕事がしたい」「地域の中で障がい者の方があたりまえの生活ができるようなサポートを したい」という思いが強くなりました。



Q今取り組んでいる仕事は?

現在は、就労継続支援事業所で、生活支援員をしています。就労支援の内容は、パンやクッキー作り、企業から依頼があった部品の組み立て等を行っています。利用者さまに対して様々な声掛けや、支援の仕方を考え、行っていく中で、できなかった事ができるようになったり、 普段の生活や(就労支援事業所での)作業に向かう姿勢が改善された時は、とてもうれしくやりがいを感じます。



Q社会福祉法人恩賜財団愛知県同胞援護会のおすすめポイントは?

一つ目は、給与です。社会福祉法人としての経営が安定しているため、賞与も5ヵ月分出ます。こういった数字はあまり聞きません。 毎年きちんと昇給があるのは、自分のモチベーションアップにもなります。
二つ目は、育休明けでも働きやすいことです。短時間勤務(届け出をすることにより、小学校へ就学するまで9時~16時までの原則6時間勤務)や 職員向け託児所があることは、育児をしている職員にとってはとても助かることだと思います。また、私は、同僚や上司に育児に対する理解があった ことで、とても助けられましたし、心強かったです。