社会福祉法人楽笑

利用者さんや地域の人の笑顔が自分のモチベーション

藤田恵菜

2021年入社  生活支援員  椙山女学園大学  人間関係学部人園関係学科

Q入社のきっかけは

私が楽笑に入社を決めたのは、「法人全体のポジティブな雰囲気・支援に対する思い」に惹かれたからです。学生の頃は自分が働く姿が想像できずいましたが、楽笑と出会い自分の働いてみたいという思いや姿が明確になったことを覚えています。
大学生の頃、楽笑で実習やボランティアを経験させていただきました。
職員の方と一緒に支援に携わった時
「○○さんが今よりも楽しく過ごせるにはどうしたらいいか?」
「△△君のここが凄い!良いところだよね、強みを活かして○○してみよう」など常に前向きに利用さんの事を話される職員の雰囲気や支援に取り組まれる姿、またどんなに障害が重たくても一人一人の強みやできる事に着目している視点に強く惹かれました。
自分もここで同じ思いを持った人達と一緒に働いてみたいと思い入社しました。



Q今取り組んでいる仕事は?

私は利用者さんの働く場の一つである就労継続支援B型のパンカフェで「生活支援員」として勤務しています。主に、利用者さんのお仕事のサポートやお店の営業に携わっています。お仕事のサポート面では、働く利用者さんの得意なことや強みを日々の関りから見つけ、活かせるお仕事内容の考案や働きやすい環境を整えることなどを行なっています。
そんな日々の支援の中で、利用者さんの“成長“”できた“に立ち会える瞬間が自分の事の様に嬉しく、とてもやりがいを感じます。
利用者さんだけでなく私自身も利用者さんと一緒に成長できた場面が多くあり、利用者さんから学ぶこともありました。ここでの私のお仕事は一方的に支援するというよりは、
一緒に働き、お互いから学び支えていく関係性から支援する事だと思います。



Q社会福祉法人楽笑のおすすめポイントは?

私が思うおすすめポイントは「自分らしく働ける」ところだと思います。
働かれている方の多くが、自分の好きなことや得意なことを支援の中で活かしながら働かれています。例えば芸術系の大学出身の職員は支援の中でのアート活動でその得意を活かしたり、私は写真を撮るのが好きなのでみんなで作ったパン屋カフェメニューの撮影や、法人での行事などではカメラで撮影させて頂けたりできる環境があります。
いろいろな、得意なことや好きなことを持つ人がいるので、お互いの支援で行き詰った際に助け合うことができるのも魅了だと思います。