社会福祉法人愛川舜寿会

白井 敦也

2022年入社    立教大学  文学部教育学科

Q入社のきっかけは

学生時代の経験を振り返る中で気づいた「誰かの居場所になるような場所を作りたい」という気持ちを就活の軸としていて、そのうえで自分が大学で学んできたことやアルバイトの塾講師の経験を活かせる仕事を考えたときに、福祉の仕事を目指すようになりました
。そして福祉の仕事をするなら愛着のある・自分が育った地域で働きたいと思っていた時、愛川舜寿会さんに出会いました。施設見学や説明会を受ける中でミノワホームの塀の取り壊し、凸凹保育園や春日台センターセンターの設立など常に新しいことに挑戦し続けて
いる姿や法人理念の「共生・寛容・自律」に代表されるよう多様性を認め合う社会を作り上げていくために何が必要なのかを体現しようとするところに魅力を感じ、私もこの法人で厚木・愛川地域を盛り上げていきたいなと思い入社を決めました。



Q今取り組んでいる仕事は?

現在は法人が運営している凸凹文化教室で先生としてアルバイトを行っています。午前中は児童発達支援に通う未就学児の子と午後は放課後に通ってくる小学生から高校生までの子と一緒に過ごしています。凸凹文化教室は保育園と併設されているので、散歩や行事
のイベントなど一緒に活動できる際は保育園のクラスに入って障害あるなしに関わらず様々な子どもと関わっています。小学生とは制作活動だけでなく、学校の宿題を一緒に取り組んだりもしています。インクルーシブな環境で子供たちが障害あるなしに関わらず、長所や短所を尊重しようとする姿にとても驚かされると共に子供から多様性を認めるとは何なのかを逆に教えてもらっていることもあります。単に大人と子供・教える・教えられるという関係ではなく、子供と一緒に大人も成長できる素敵な仕事だなと関わる中でとても感じます。



Q社会福祉法人愛川舜寿会のおすすめポイントは?

最初におすすめするポイントとしては、法人自体が色々なことに挑戦しているからこそ自分自身も新しいことに挑戦してみようと思える環境です。凸凹保育園や春日台センターセンターなど今まで前例があまりないことに挑戦しようとする法人の姿を見ると自然に自
分も新しい挑戦してみようと思えます。また私もそうでしたが福祉というと未経験の人にとってハードルが高い印象持っていましたが、愛川舜寿会さんが展開する福祉の仕事は春日台センターセンターにある「コロッケスタンド」や「洗濯代行サービス」のように自分たちにできることの延長線上に福祉の仕事を位置付けている感じがし、福祉に関して未経験な人でも飛び込みやすいこともおすすめポイントです。新しい仕事に挑戦したいなと思っている人や福祉に興味あるけど未経験者でも大丈夫かなと不安がある人にはとてもおすすめな法人だと思います!