【開催レポート】Elder meets!〜就活を終えた4年生からリアルな話を聞こう〜vol.1
2021年07月21日
イベント

Elder meets!が開催されました

Elder meets!のレポートをFACE to FUKUSHIインターン生がお伝えします!
インターン生チームの初回企画であるオンラインイベント「Elder meets!」を2021年7月10日(土)に開催しました!

Elder meets!開催の背景にあったインターン生の想い

Elder meets!は、福祉業界の就活に関する疑問を解消するためにFACE to FUKUSHIのインターン生チームが考えた企画です。

実際にインターンチームの中でも3年生と4年生が話し合う中で、福祉業界の就活は圧倒的に情報量が少ないことや、その業界を目指している先輩が身近にいないことを感じていました。
そこで、3年生が福祉業界の就活を行っていた4年生に気軽に質問をしたり、就活の流れを聞いたりできるような企画を行いました!

福祉業界初!先輩直伝ほやほや就活トーク!

今回のイベントでは、複合分野・障害分野・高齢分野に就職が決まった4年生5人が協力してくださいました!

◆オープニング◆
まずは私たちインターン生&4年生の紹介とイベントの流れの説明。
まだ少し緊張ぎみでしたが、これからイベントを行う期待感を抱けるような時間となりました。

◆ブレイクアウトセッション◆
25分×2ラウンド制で、4年生と3年生を組み合わせた少人数グループに分け、色々な方からお話が聞けるように工夫しました。
▶メニュー
*3年生の自己紹介(5分)
*4年生の就活ストーリー紹介(5分)
*3年生→4年生への質疑応答(15分)

こんな質問が出ました!
●そもそも、なぜ福祉業界への就職を決めたのですか?
●やってよかったことと後悔したことは何ですか?
●就活と大学生活や現場実習との両立の方法は?

3年生はメモを取ったり、うなずいたり、自宅でリラックスしながらも、真剣な表情で話を聞いていました。
4年生のリアルな話を聞くことで、より就活に対するイメージを膨らませられる機会になりました!

Elder meets!の感想

3年生からは「今自分が何をすべきなのか認識することができた」「気軽に質問できた」といった前向きな意見をたくさんいただきました!

4年生からも「実際に自分の経験を話せてよかった」「3年生が一生懸命に考えているのが分かった」と感想を寄せて下さいました!

Elder meets!を終えて・・・

今回はインターン生チームにとっての初めての企画でした。
不慣れなことが多く、少し緊張もしましたが、参加者含め多くの方々が支えて下さり無事に企画を成功に終えることができました。
当日は多くの3年生が積極的に質問をしている様子を見たり、悩みを聴いたりする中でその現状を知ることができました。事後アンケートでも、4年生の生の声に触れることができたことが満足度の高さに繋がっていたと思います。
また、4年生からは、自分の経験を下の世代に伝えていきたいという熱い思いを感じることができ、このように協力してくださる方々の存在に改めて感謝しました。
このイベントを通して、これからも福祉業界の就活を行う3年生にとって本当に必要な企画を考え、運営していきたいという意欲がますます湧いてきました^^