社会福祉法人福祉楽団
【職員インタビュー】谷田志乃さんの6つのこと
2022.05.05

【職員インタビュー】谷田志乃さんの6つのこと


 福祉楽団では、広報誌「GAKUNAVI」で、ケアの現場で働く職員を紹介しています。

今回は、杜の家やしお」のケアサービスワーカー、谷田志乃さんのインタビューを公開します。


梅干しづくりと入居者さんとの関わり


 梅干しづくりのレクは3年目。青梅を6月に漬けはじめて、7月の快晴がつづく時期に干して、樽に戻してまた漬けて、8月からユニットで食事に出します。夏バテにも効きますよ。今年は味も見た目も良く上出来でした。


 「杜の家やしお」には、ご自宅で梅干しをつくっていた入居者さんが多くて、福本マツノさんもそのひとり。「道の駅」に卸していたこともあったそうで、いろんなアドバイスをいただいてます。いつも気持ちを思いやってくださって、とにかくやさしくて、大好きな人です。

 

「食」へのこだわり


 ほかにも、お寿司レクや餃子レクなど「食」には力を入れています。飲食業で働いていた影響もあるとは思うけど、それよりも主婦としての経験や目線を意識しますね。 特養は生活の場なので、つくったり、食べたり、日常の暮らしを大切にしたい。

 

 もちろん私自身、食べることは大好きです(笑)。最近の好物は「志ち乃」のどら焼きで、これは「バターどら」。200円以下で中身たっぷり。おいしいですよ~。 


仕事の外での谷田さん


 休日豆助を車に乗せてちょっと遠くの公園やドッグランに行きます。ツンデレで 「犬見知り」な柴犬です(笑)。

 

 運転が好きで、長期休暇は娘と車でゆっくり旅行します。思い出深いのは東北めぐり。娘と読んだ絵本がきっかけで一緒に宮沢賢治を好きになって、東北の透き通った空気感の描写に惹かれて、ゆかりの地をまわりました。 

 

 いつか、空や海や山、自然の景色がきれいな土地に移住して、訪問介護の仕事をしながら、自分の畑で育てた野菜を食べたり、ひぐらしやトンビの声で日が暮れていくような生活をしてみたいです。


(※この記事は福祉楽団の広報誌「GAKUNAVI」2020年3月号からの抜粋であり、記載の情報は当時のものです。)



\ご予約受付中!/
▼ [STEP-A] クリエイティブなフクシに出会う会社説明会
 


法人情報
法人名 社会福祉法人福祉楽団
法人住所 〒261-7112 千葉県千葉市美浜区中瀬2-6-1WBGマリブイースト12階
事業内容 「ケアを考え “くらし”を良くし 福祉を変える」のミッションのもと、『恋する豚研究所』や農業などクリエイティブな実践をしています。子どもも、障害のある人も、高齢者も、地域の人も、職員も、みんなが個人として尊重され、自然とともに、わいわいと楽しみながら共生していく、コンヴィヴィアルな社会を創造します。
担当者/連絡先

コーポレート統括部 人事部 採用・育成課 高師・松井

TEL :043-307-2828

MAIL :recruit@gakudan.org

Webサイト/SNS

公式Webサイト

採用サイト

Twitter

Facebook

LINE公式アカウント