社会福祉法人京都老人福祉協会

保育も介護も両方の分野で活躍できる職員になりたい!

北村 美帆

2019年入社  介護職  佛教大学  社会福祉学部

Q入社のきっかけは

大学では保育を専攻していました。こどもに関わる職業に就きたいと思って就職活動をしていましたが、こども事業も行っている京都老人福祉協会での話を聞いたとき、高齢分野もいいかも…と興味を持ったのがきっかけで、他法人も含め様々な事業所に施設見学に行きました。決め手になったのはやっぱり事業所の雰囲気。たくさん悩みましたが、やっぱりここだ!と思い入職しました。実際に配属になったのは子育て支援事業も併設している稲荷の家ほっこりの小規模多機能型居宅介護。最初は不安でいっぱいでしたが、同世代の職員さんが多く、丁寧に仕事を教えてくれることもあり、毎日楽しく働いています。保育士は取得している為、将来的には介護福祉士も取得して、どの分野でもマルチに働ける職員を目指していきたいです。

Q今取り組んでいる仕事は?

小規模多機能型居宅介護の介護職として勤務しています。在宅生活をされている利用者さんを対象に通い・訪問・泊まりのサービスを提供するのが小規模多機能。利用者さんに深く関われるのが何よりもの魅力です。

【早出シフトの時】 1日の勤務時間は8時間!
7:00~ 出勤・夜勤者からの引継ぎ・起床介助
9:00~ 利用者さんのお迎え・訪問
12:00~ 休憩
13:00~ 入浴介助
14:00~ レクリエーション
15:30~ 記録入力
16:00~ 退勤

いまは少し難しくなっていますが、仕事終わりに職場の先輩や別の事業所で勤務している同期と食事に行くこともあります!休みの日は学生時代から続けているアルティメットというスポーツを!走って汗をかいてリフレッシュできる時間です。

Q社会福祉法人京都老人福祉協会のおすすめポイントは?

同期・同世代の職員が多いことも京老に決めた大きな理由。どんな仕事がしたいかももちろん大切ですが、一緒に働く人がどんな感じか…なんでも相談できる同期や先輩ができたことはここに入職してよかったと思えるところです。その関係性はきっと利用者さんにも伝わると思います。ほっこりに来るのが楽しみ、そうやってこれからも思ってもらえるように、まずは自分が笑顔で働くことを心がけています。