社会福祉法人嬉泉

是非実際に目で見て嬉泉の魅力を感じて欲しいです!

横田 唯

2020年入社  保育士  東京都市大学  人間科学部児童学科

Q入社のきっかけは

中学生の頃から保育園の先生になることを目指して大学で保育の勉強をしていましたが、ある実習で一人の支援が必要な子と出会ったことがきっかけで、療育に携わりたいと思うようになり、その時にゼミの先生から紹介してもらったことがきっかけです。
ホームページや採用説明会で嬉泉の法人理念や職員間の雰囲気の良さに魅力を感じただけではなく、療育、保育どちらも職場体験をさせていただく中で嬉泉の一員として働きたいという思いが大きくなっていきました。また、嬉泉であれば “子どもたち一人ひとりとじっくり向き合いたい”“子どもたちの思いを受け止め、丁寧な関わりをしていきたい”という子どもたちとの関わりの際に自分が大切にしていることを実現できると思い入社を決めました。

Q今取り組んでいる仕事は?

現在は1歳児の担任をしています。個性豊かな子どもたちと一緒に毎日を過ごす中で大変なこともたくさんありますが、子どもたちの笑顔に元気や癒しをもらっています。始めは表情が硬かった子も少しずつ笑顔が見られるようになったり、自分が何気なくした遊びを気に入って楽しんでいる姿、自分を求めてきてくれる姿を見るとやりがいを感じると共に自分の関わり方がこれで良いんだという自信にも繋がっています。
まだまだ知識も経験も浅く、自信を持てないことも多くありますが、周りの先生方からご指導をしていただきながら日々の保育を行っています。
他には、子どもとの関わりだけではなく、記録の記入等の事務作業も行っています。子どもたちの姿を思い返しながらの記録は自分自身の保育の振り返りにもなり、新しい気付きや発見が出来る時間にもなっています。

Q社会福祉法人嬉泉のおすすめポイントは?

おすすめポイントは、職員間の風通しの良さです。私が嬉泉への入社のきっかけにもなったポイントで、採用説明会、職場体験に参加した時だけではなく、入社してからも風通しの良さを感じています。新人、先輩関係なくお互いに体調や仕事量をフォローし合える働きやすい環境であることもおすすめのポイントで、日々ありがたい環境で仕事させていただいているなと感じています。
また、先輩職員との関係が良いだけではなく、同期が多いこともおすすめポイントの一つです。私が所属している園には同期が三人おり、ご飯に行ったり、出掛けたりしています。同期がいてくれることが心の支えになっている部分もたくさんあり、互いに切磋琢磨して頑張っています。