社会福祉法人くらしのハーモニー

とことん自分らしく!

沼邉 真由美

2009年入社  ハーモニーこはた デイサービスセンター 生活相談員 介護職  京都光華女子大学  人間関係学部 社会福祉学科

Q入社のきっかけは

入社のきっかけは学生時代にハーモニーこはたでアルバイトをしており、雰囲気が良かったことです。そのアルバイト時代に、仕事で悩んでいたら先輩が一緒に悩みを乗り越えようとしてくれたことが今でも印象に残っています。

Q今取り組んでいる仕事は?

ハーモニーこはたデイサービスセンターで生活相談員と介護職をしています。

Q社会福祉法人くらしのハーモニーのおすすめポイントは?

ご利用者の自分らしくを全力でサポートする私たち。一人一人が遠慮しないで意見を言い合い、あーでもない、こーでもない、どんなことでも真面目にコツコツ。「こんなことをしてみたい!」と誰でもオリジナルを提案し、「とりあえずやってみよっか!」と前向きにスタートする。すべては同じ志が備わっているからできること。向いている方向はいつも一緒です。新人さんにも、法人理念から丁寧に分かりやすく指導する仕組みが備わっています。
 最期まで住み慣れた、それぞれの居場所で、その人らしく生きてほしい。そして、そんな私も、自分らしくを大切に、活き活きと活躍したい!妥協しないでまっすぐに私たちは今日も、とことん自分らしくをモットーに進んでいます!

Q地域のかけはしになりたい

私は今、3人の子どもをハーモニーがある地域で育てています。子どもたちにとって、おじいちゃんおばあちゃんとの触れ合いは人間として育っていく上でとても大切だと思います。コロナ禍になる前は、子どもたちがデイサービスに遊びに来たり、学校が長期休み中などは職場から児童館まで歩いて行ったりと、子育てしながらでも働ききやすい環境が整っています。生活スタイルを柔軟に受け入れてもらえる懐の深さが有難いです。住民のひとりとしても職員としても、地域の人どうしが助け合って、ひとりひとりの人生をよりよくしていこうというハーモニーの姿勢は大きな魅力。地域のつながりが薄れているなかで、ハーモニーもわたしも、地域のかけはしでありたいと思っています。