社会福祉法人希望の家

利用者の皆様の笑顔に、常に元気を頂いています

伊藤 彩

2020年入社  相談兼生活支援員  京都女子大学  家政学部生活福祉学科

Q入社のきっかけは

大学生の頃から相談支援の仕事に就きたいと考えていました。そして福祉業界を調べているうちに希望の家を知りました。希望の家は障害福祉の分野において入所施設や相談支援、障害児通所支援など幅広く事業を行っていることを知り興味をもちました。そして、様々な事業所があることで沢山の経験ができ、その経験を積むことで、私の目標である相談支援の仕事にも携わることができるのではと考え入社を決めました。



Q今取り組んでいる仕事は?

現在、相談兼生活支援員として毎日頑張っています。担当している利用者の方にとって、より良い支援について考え実行するのが私の仕事です。その為には、しっかりと関係性を構築し、気持ちを理解する必要があります。しかしながら、ご本人の気持ちを上手くくみ取れず、支援の方法について悩む事もよくあります。そのような時は、先輩方に助言を頂き関わり方を変えてみるなど、様々な方法でアプローチします。そのような試行錯誤の結果、担当利用者の方の気持ちの理解に近づくことが出来た時はとても嬉しいです。より良い支援を行うために1人の利用者の方に対してしっかりと向き合い支援していくのが今の私の仕事です。

2年目となった今では、サービス管理責任者の先輩の元で事務的なことも勉強しており、金銭の管理など難しいこともありますが1つ1つ確実にこなしていけるように頑張っています。



Q社会福祉法人希望の家のおすすめポイントは?

希望の家は、様々な事業を行っているので様々な経験が出来ます。障害をもった方に対する生活支援や相談支援、又は障害児に対する支援などがあり、それによりたくさんの価値ある経験を積むことが出来ます。その経験を生かすことでより良い支援員になれると思っています。
希望の家は常にさらに良い支援を行っていこうという姿勢があります。法人全体が常に利用者の皆様のためを想う支援を行うため、働いている私はいつも刺激を受けています。



Q仕事をして嬉しかったことは?

利用者の方との関係性が少しずつ築けていると感じた時に嬉しく感じます。入社したばかりの時は、利用者の皆様とコミュニケーションを図ることを難しく感じていました。利用者の方が私に何を伝えようとしてくださっているのかをくみ取ることができないこともあり、利用者の方にはもどかしい思いをさせてしまっていたと思います。しかし利用者の皆様との関わりを、日々の挨拶や先輩を介してのコミュニケーションを通して増やしていくことで、徐々に私に何を伝えようとしてくださっているのか分かるようになりました。その結果、利用者の皆様の気持ちを知ることができ、利用者の方自身について理解を深めることができました。そのことを実感した時、利用者の皆様との関係性が築けてきていると感じ、とても嬉しかったです。